2007年12月19日

樵の話

今では屋久杉の土埋木を搬出する樵(きこり)は、(有)愛林の7人だけになってしまいました。伐採できる量も今後少なくなっていって、将来屋久杉搬出は無くなります。誰よりも屋久島の森のことを知る高田さん(73)のもとで勉強させてもらいました。僕が現場に出る機会は、そうはないですし、高田さんもいつかは引退される日がきます。その前に少しでも記録していきたいと思います。



typhoon1128 at 16:55│clip!